car

image

コーティングとは

ガラスコーティングとは、車の表面にガラス皮脂を塗って表面を保護することで、車のボディを汚れにくくする加工のことです。従来のワックスと違い、一度施工すればピカピカの状態を長期間持続することができます。

作業の流れ

STEP1  ボディーチェック

施工前にボディの状態をしっかり確認。キズやヘコミの状態、磨きでどのレベルまでのキズを消すことができるかをお客様と一緒に確認をしながら丁寧にご説明いたします。


STEP2  洗車

専用シャンプーにてボディの汚れを洗い流します。ボディだけでなく、ホイールやタイヤ、窓なども同時にキレイにします。見えにくい隅の部分の汚れや水アカなどをキレイにできるかできないかで仕上がりが左右されてしまうので、時間をかけて丁寧に洗い上げます。


STEP3  付着物の除去

お車の状態に応じて、専用粘土を使って鉄粉や塗装ミストなどの見えにくい付着物をキレイに除去していきます。この下地処理をしっかり行わないと、この後のコーティングが美しく仕上がりません。


STEP4  水分拭き取り

下地処理時の水分が乾いてシミになってしまう前に、キレイに拭き取ります。ライトやモールの間に入った水分も、ブロワで吹き飛ばして完璧に乾燥させます。


STEP5  マスキング

磨き作業を行わない部分をマスキングして覆います。磨きが不要な箇所まで磨いてしまうと全体の仕上がりの品質が下がってしまうため、不要な箇所は必ず覆って次の工程に進みます。


STEP6  磨き(ポリッシング)

下地処理研磨作業です。コーティング後のツヤや輝きを決定づける非常に重要な工程で、時間をかけて行います。ボディがベストな状態になるまで、さまざまな道具(バフ・機械など)を使って磨き上げていきます。


STEP7  洗車&脱脂

コンパウンド(研磨剤)の残りを除去するために丁寧に洗車し、コーティング剤をしっかり定着させるために脱脂作業を行います。コーティング前の最後の大切な作業になるため、キズをつけないように丁寧に洗車します。


STEP8  コーティング

ご要望を踏まえてご提案したコーティング剤をボディに隅まで丁寧に塗り込みます。塗り漏れなどが出ないようにパネルごとに細かく作業します。


STEP9  余剰分コーティング剤の拭き取り

コーティング剤を塗ってから、一定時間を設けた後に余り分を拭き取ります。


STEP10  車内清掃

コーティングの施工後は塗膜が定着するまでしばらく時間をおき、その間に車内清掃・内窓拭きを行います。


STEP11  最終チェック&完了

すみずみまで仕上がりをチェックし、問題がなければお引き渡しとなります。